スポンサーリンク

産後のニキビが頬に出来やすいのは何で?理由と対策を解説!

育児
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バナー2

産後に出来る頬ニキビ

・乾燥
・ホルモンバランス
・寝不足

顎のニキビは本当に気になりますよね。

頬のニキビ、それも頬骨の辺りに出来るニキビが産後に増えた方は多いのではないでしょうか。
元より頬骨の上は他よりも乾燥しやすくなっています。
産後は、水分不足などで乾燥肌、敏感肌になる人が多いです。
そのため、頬骨辺りの皮膚はより過敏になり、ニキビが出来てしまう原因になります。

妊娠中は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンという成分が多く分泌します。
しかし出産後は、母乳を作るためのプロラクチンという成分が大量に分泌されるようになります。
妊娠中→産後の女性ホルモンの急激な変化は、ホルモンバランスの乱れとして体に影響していきます。

例えば生理前から生理中にかけて、肌が荒れたりイライラしたり、という事はありませんか?
それらもホルモンバランスの乱れから起こる症状です。
産後の肌荒れやニキビも同じようにホルモンバランスが大きく関係しているのです。

産後におきる体調の変化としては、寝不足がよく挙げられます。
夜中の授乳や夜泣きなどで、なかなかまとまった睡眠がとれなくなってしまいますよね。そうなると、肌の再生能力が落ち、肌荒れを引き起こしてしまいます。

つまり、産後の身体は非常にニキビが出来易い環境にあるのです。
一般的には産後1年程で、肌荒れは治まっていくとされています。
それでもその間、頬などに目立つニキビが繰り返し出来てしまうと気になりますよね。どういった対策が出来るでしょうか。

頬ニキビのパターン

・ニキビの場所
・片頬に出来る
・両頬に出来る

まず、頬のニキビのパターンについて知る必要があります。
頬のニキビは、出来る場所によって原因が異なる場合があるのです。
繰り返し同じ場所に出来ているなら、まずはその原因をしっかり調べましょう。

ニキビがどちらか片方にばかり出来るというパターンは、外部の刺激が原因である可能性が高いです。
例の1つですが、添い乳、添い寝で赤ちゃんと寝ているという場合、片方の頬を枕に押し付けてしまっている事があります。

小さな事なのですが、こうした刺激は敏感になった肌には大きなダメージになりえるのです。頬づえを付くクセがある場合なども、注意が必要です。

両頬にニキビが出来るというパターンは、体内の環境が原因である可能性が高いです。ホルモンバランスの乱れ、寝不足、水分不足など、産後の体内環境は肌荒れを引き起こしやすい状態です。
産後のニキビのパターンとしてはやはり、両頬に出来るタイプが多いとされます。

また、産後の肌質の変化で、これまで使用していた洗顔フォームや化粧品が合わない場合もあります。そうした事も、肌への刺激になってしまいます。
頬ニキビが出来た時、どういうパターンのニキビか、何か刺激になる要因がないか、よくチェックしてみましょう。

ソース画像を表示

頬ニキビの改善

・食生活と睡眠
・洗顔
・外部刺激を避ける

体内環境を整えるためには、食生活や睡眠が大切になってきます。
とはいっても、産後はまとまった睡眠を摂る事は難しいです。
日中でも、赤ちゃんと一緒にお昼寝するなど、寝る時間を増やしましょう。

食事に関しては、脂っこいものや糖分の過剰摂取は避けましょう。
肌荒れに良いとされる栄養素を摂取するなどもおすすめです。
ですが、それよりも心掛けたいのは、バランスの良い食事です。

ニキビを改善したいがために、逆に栄養が偏ってしまうという事になっては意味がありません。
暴飲暴食を避け、和食中心のバランス良い食事を心掛ける、それだけでも充分肌荒れの改善になります。

頬にニキビがあるとどうしても目立ってしまいます。
少しでも隠そうとして、マスクをしていたりしませんか?
マスクに問題があるというわけではありませんが、ニキビの箇所にマスクの紐が触れていたりすると、それが刺激になってしまいます。
なるべく、ニキビに触れないように工夫しましょう。

洗顔の際は、洗顔フォームをよく泡立て優しく洗ってあげましょう。
洗い終えた後、タオルで強くこするなども肌への刺激となります。
ポンポンと優しく抑えるように拭き取って下さい。

洗顔後、肌がつっぱった感じや、化粧水がピリピリと感じる場合は、肌に合っていないと考えられます。
刺激の少ない、敏感肌用の製品に変えてみる事をおすすめします。

ソース画像を表示

頬ニキビを隠す方法は?

・化粧で隠す
・眼鏡やサングラス
・ニキビに触れない

化粧でニキビが悪化するのではないか、と気になる人も多いです。
確かに、ニキビを隠したいあまり何度も何度もファンデーションやコンシーラーを重ねてしまうのは良くありません。
化粧で隠す場合は、厚くならないようにして上手く隠す事がポイントです。

ファンデーションは固形の物より、薄付きでもカバー力のあるタイプの液体や粉のファンデーションがお勧めです。
特に粉のタイプはブラシで伸ばしてあげる事で、パフよりも刺激は少なくなります。
液体タイプの場合も、ニキビの箇所は指で軽く伸ばしてあげるなどにして、パフで何度も押し付ける事は避けましょう。

使用するブラシやパフは清潔にしておく事も大切です。
コンシーラーを使用する時は、ファンデーションの色よりも少し暗い色の方が、ニキビを目立たせません。
他にも、口紅やアイメイクなど、頬以外の場所へのメイクを濃くすると、ニキビの箇所への視線逸らしの効果があります。

紫外線も肌の刺激となりますので、ベースメイクやファンデーションはUV効果のあるものを選ぶと良いでしょう。
敏感肌用のメイク用品などを探してみるのもおすすめです。
夜はメイクをしっかりと落とし、肌への保湿も忘れないようにしましょう。

スッピン隠しとして使われる小物アイテムとして、伊達眼鏡やサングラスがありますよね。
頬のニキビなら、同じように眼鏡で隠すことも出来るんです。
その際は、なるべくフレームが大きめのものを選ぶと良いですね。

髪やマスクでニキビの箇所を覆い隠してしまう、という人も多いですが、これはおススメできません。
ニキビに直接当たってしまう事で肌への刺激になり、より悪化してしまう場合があるのです。
早く治したければ、覆い隠したりはせず、清潔にして空気に触れさせるようにして下さい。

まとめ

産後の生活の変化に、ストレスを感じる事も多いと思います。
なかなか自由な時間が取れない時期でもあるので、リフレッシュも難しいですよね。
ストレスを溜めこまないよう、市のサポートや家族の協力を得て、上手くコントロールしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました